システム開発

情報システム開発について

システム導入にあたってビジョンや現状を明確にしていくと、製品選定の段階で「自社に合う情報システムが存在しない」となるケースがあります。その場合に取り得る方法は、「自社で開発する」と「外部に委託する」の2つです。それぞれの特徴を、以下で紹介しましょう。

●自社で情報システムを開発する

開発リソースが社内に存在するなら、必要な情報システムを自社で作ってしまうことも可能です。「コミュニケーションがスピーディに行える」、「システムトラブルの際の対処が比較的しやすい」といった点は自社開発のメリットです。

しかし、情報システムは「業務に関わるシステム」という特性から、開発には「社内の人間」の存在が不可欠となるでしょう。プログラミング能力以外にも社内の経営課題・業務課題への理解や、現場の声と経営層の意見とを設計に織り込んでいくスキルが求められます。これらの能力を有したエンジニアの確保が難しい場合は、外部委託という形で情報システムの開発を検討するのも良い方法です。

●情報システムの開発を外部に委託する

情報システムの開発は、外部企業に開発を委託することも可能です。システム開発を手掛ける開発企業の中には「各社の状況に合わせた情報システム」を作ってくれる企業が数多く存在します。開発費こそ発生するものの、自社の状況を適切に把握して、導入したいシステムの要件を抽出できていれば、自社に業務に見合った情報システムを開発できます。

今回は情報システム開発に関する記事でした。
情報システム開発をご検討であれば、ぜひ弊社にお問い合わせくださいませ。

関連記事

TOP